本日12月27日(火)、年末の恒例行事となりました「年越しそば配食と声かけ訪問活動」を実施しました。この事業は福祉部が主体で、寺領小学校児童とともに年越しそばを打ち、単身高齢者宅へお届けするもので、今年で6年目になります。

今年は小学校児童50名と福祉部員、そば打ちの先生方、小学校の先生方など大人が約30名、総勢約80名で、22名の単身高齢者宅へお届けしました。

朝9時、開会行事を行い、福祉部長、日登の郷会長、寺領小学校校長先生に挨拶をいただきました。

    

そして、小学校児童の写真撮影です。
撮った写真をプリントして、高齢者さんに渡す色紙に貼りつけます。



写真を撮ると、1,2年生は色紙へのメッセージ書きです。(3~6年生はのびのび教室の中で書いてもらっています。)

 

3~6年生はそば打ちです!

5つのテーブルに分かれ、そばの玉を受け取ってこねます。

 

次はのばします。
はじめはどうだったっけ?と言いながらも、毎年のこと、体が思い出していくようです。

 

麺棒を使ってのばします。地域のそば打ち名人さん(校長先生も!)に教えてもらいながら、上手にのばしていきます。

 

そして切る! 慣れた高学年さんは本当に上手に切っていました。



メッセージを書き終えて、1,2年生さんもそば打ちに加わりました。小さな体で一生懸命こねたり、のばしたり、切ったりしてくれました!

 

実に13kgのそば粉を蕎麦に仕立てました♪

できあがった蕎麦をゆでて盛り付け、配食の準備を整えて出発式を行いました。



13班に分かれて、引率のおじさん・おばさんと一緒に出発です。

今回、携えたのはこちら。



 * 年越しそば
 * メッセージ色紙
 * 5年生が育てた米
 * 2年生がポップコーン販売収益で購入した花の鉢植え
 * のびのび教室で作ったミニモップ

笑顔と明るい声とともにお届けしました!



配食から帰ると、かたづけや昼食の準備を手伝ってくれました。



12時のサイレンが響くころ、みんなで作ったそばを、みんなでいただきます。




 

みんな笑顔でいただきました^^

 

食事が終わって落ち着いたところで、感想発表をしてもらいました。今回使用したそば粉は東大谷で収穫したものです。6年生はソバの収穫もしていたそうで、畑で見たソバが、年越しそばとなって食べるところまで体験できてよかった、というような感想もいただきました。それぞれにとっていい思い出のひとつとなっていると嬉しいですね。

 

最後に福祉部副部長にご挨拶をいただいて、会を終えました。



たくさんの方にお手伝いいただき、今年も実施することができました。6年目ということで、今年の6年生は1年生の時からやっており、手慣れた手つきで、下の学年を教えてくれるのも頼もしかったです。日登地区では「子育ては地域をあげて」を掲げています。また、高齢者の見守りにも力をいれており、地域の皆様のご協力で、こうした会を重ねられることを改めて感謝しております。

どぶろく & 田舎料理

かやぶき

メニュー・料金

メニュー


旬の野菜と山菜がたっぷりの郷土料理と創作和食。20種類以上の食べ放題バイキング
※ 25名以上の団体様は追加メニュー応相談

大人   ¥2,000

中・高生  ¥1,500

小学生  ¥1,000

営業日・時間

水曜日・日曜日
11:00~14:00 (最終ご入店時間 13:00)
※25名様以上の団体は 営業日・営業時間ともご相談に応じます

ご予約・お問合せ

TEL:0854-42-0238 (日登交流センター内)
8:30 ~ 17:00 / 日祝除く

MAP