7月16日(土)、避難訓練を実施しました。
今回の対象は9自治会(大川上・駅前・大川下・天殿・坂本口・川上下・古殿・本谷中・中谷下)でした。

午前9:00、ページング放送で避難指示を放送。同時に電話連絡網にて、災害対策本部から各自治会長への連絡がなされました。その後、各自治会で用意されている連絡網にて各戸へと伝達されました。

指定避難所は交流センターです。交流センターから近い2自治会は、それぞれが直接交流センターへと向かいました。



交流センターのホールには、各自治会ごとの場所が用意され、それぞれの場所で待機します。



自治会長さんは情報班長として、自治会内の避難者を把握、



災害対策本部は多目的ルームに設置され、各自治会からの報告や、外部とのやりとりを行います。

間もなく、交流センターから少し離れた7自治会が到着しました。
こちらは各自治会の公会所が一時避難所になっており、そちらに避難集合された後、今回は訓練ですので、各自治会から約10名の方に指定避難所である交流センターまで避難していただきました。



ホールの中では、給食給水班からの指示で非常食が配られました。





お水を注いで混ぜて60分で食べられるようになります。



血圧測定をする場所を設け、健康管理も行います。



ご年配の方々も参加され、いざというときの備えをされました。

 

避難集合が完了したところで、三輪会長が挨拶をし、各自治会長から振り返りの言葉が述べられました。避難訓練をやってみて気づいたことがいろいろあり、今後に生かしていきたいと思います。

その後、防災学習会を行いました。
講師は雲南市総務部危機管理室の安部昭彦室長にしていただきました。



学習会が終わると、給食給水班が用意してくださった炊き出しのおむすびが配られました。



非常食の方も食べる頃合いとなりましたので、おむすびと非常食をみんなでいただきました。



こうして避難訓練を行うことで、本当にその時が来たときの混乱を最小限にし、地域の皆さんの安全を確保していけるものと考えます。昨年度に3自治会で避難訓練を実施し、今年度は9自治会で行い、来年度もまた9自治会での避難訓練を予定し、3年間で日登地区内の全自治会の避難訓練が一巡するように計画しています。

暑い最中でしたが、たくさんの方にご参加いただき、大変有意義な避難訓練になりました。ご参加、ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました!






どぶろく & 田舎料理

かやぶき

メニュー・料金

メニュー


旬の野菜と山菜がたっぷりの郷土料理と創作和食。20種類以上の食べ放題バイキング
※ 25名以上の団体様は追加メニュー応相談

大人   ¥2,000

中・高生  ¥1,500

小学生  ¥1,000

営業日・時間

水曜日・日曜日
11:00~14:00 (最終ご入店時間 13:00)
※25名様以上の団体は 営業日・営業時間ともご相談に応じます

ご予約・お問合せ

TEL:0854-42-0238 (日登交流センター内)
8:30 ~ 17:00 / 日祝除く

MAP