第29回全日本小学生男子ソフトボール大会に、寺領スポーツ少年団ソフトボール部が出場しました!

12年連続、通算17回目の全国大会。今回の舞台は高知です。
7/31(金)の朝、寺領小学校を出発。瀬戸大橋を渡って四国に入ります。ここは与島PAです。



お昼前には高知に到着。開会式の準備をしました。
横断幕を張り、プラカードを見ると、大会の気分が盛り上がってきます。



リラックスした雰囲気で球場入りするコーチ陣。
旗を準備し、入場行進の練習をします。

 

ガッツポーズで記念撮影!



入場行進はパフォーマンスも加え、元気よく歌って歩きました!!



全国から集まった48チームがずらりと並びます。
「全国大会に来たんだ」
島根での大会とは全く違う雰囲気に、身が引き締まります。



開会式をつつがなく終え、この日は朝早かったのもあり、宿に戻って早めに休みました。

シードになっているため翌8/1(土)は試合がありませんでした。
午前中に軽く練習をし、午後は桂浜と水族館に出かけました。

 

リラックスした1日をはさんで、いよいよ8/2(日)、試合の時がやってきました。

ブルペンから走り出す選手たち!



15:00 プレーボール。
対戦相手は宮崎の瓜生野ソフトボール少年団です。



いつもと違う緊張が体と心を縛ろうとする・・・
それを跳ね除け、攻めに守りに集中します。

 

 





さすがは全国大会に出てくるチーム。強い!
打たれた白球を追い、必死にホームへと返します。





キャッチャーの落ち着いたふるまい


まっすぐな瞳で相手を見据えるエースと、それを見つめるチームメイト。


3塁側からは保護者の皆さんが固唾をのんで見守ります。


監督からの指示を聴き、次へ次へと意識を前に向けて進みます。


攻める!
1点でも返したい。相手の投げるボールに食らいついていきます。
 

 

チームの紅一点。大きな声でチームメイトを鼓舞します。


試合の進行とともに、バッテリーの集中力も増し、相手と対峙します。




集中した時間から、しばしのブレイクタイム。
保護者の皆さんが用意してくださった、レモンのはちみつ漬けなどで、
水分・塩分を補給し、熱中症予防、疲労回復に努めます。



そして試合再開。内野を守る6年生たち。
 



下級生も持てる力を精一杯発揮して、上級生を助けます。
 

点差なんて関係ない。1点でも少なく抑え、ひとつでも多くのナイスプレーを!


最後まで全力でバットを振った!!


試合結果は11-0。
勝てなかったし、点を奪うこともできなかった。


でも、最後まで一生懸命たたかった。
試合後に撮った集合写真の顔つきは2日前のそれとは、明らかに違っていました。



そして、監督を囲んで、試合を振り返りました。


真剣な顔で監督の話を聴きます。流れるのは汗か涙か・・・
 

寺領スポーツ少年団ソフトボール部の17回目の挑戦が幕をおろしました。
少子化の進んだ地域で、選手が集まりチームを続けることそのものが大変である中、
保護者や地域が協力して、子どもたちが「全国大会」を体験し続けています。

スポーツは勝ち負けだけが価値ではないと思います。
他県の選手たちと交流することや、手が震えるほどの緊張など、
普段はできない体験をしたことが、子どもたちにとって大きな宝となることでしょう。

また、こうした子どもたちのがんばりに地域も元気をもらいます!



寺領スポーツ少年団ソフトボール部の皆さま、おつかれさまでした!

 ***

最後に6年生の選手と保護者の皆さんの集合写真です。

この後、中国大会、西日本選手権大会があり、
11月の島根県大会までが6年生の活動期間となります。
全国大会の経験を活かして、がんばってください!

どぶろく & 田舎料理

かやぶき

メニュー・料金

メニュー


旬の野菜と山菜がたっぷりの郷土料理と創作和食。20種類以上の食べ放題バイキング
※ 25名以上の団体様は追加メニュー応相談

大人   ¥2,000

中・高生  ¥1,500

小学生  ¥1,000

営業日・時間

水曜日・日曜日
11:00~14:00 (最終ご入店時間 13:00)
※25名様以上の団体は 営業日・営業時間ともご相談に応じます

ご予約・お問合せ

TEL:0854-42-0238 (日登交流センター内)
8:30 ~ 17:00 / 日祝除く

MAP