7月16日(木)、寺領小学校のサンライズ研修が行われました。
今年で5年目。通常は宿泊研修なのですが、今年は大型台風の影響で宿泊なしの一日研修となりました。

朝、日登交流センターに集まり、開校式から始まりました。
小学校と地域が協力して行う研修で、児童のみなさんからご挨拶をいただきました。



開校式を終えると、さっそく班に分かれてウォークラリーに出かけます。小雨が降ってきたので、雨合羽を着て出発です!



ポイントのひとつ【大森神社】です。ここでは地域の方に、神社の由来などのお話しをうかがいました。



大森神社はヤマタノオロチを退治したスサノオノミコトが、須賀の地へ向う途中、大森の地にしばし宿られ、クシナダヒメとの婚儀の準備をされたと伝わっています。

また、ここは伊能忠敬が測量に訪れた地でもあり、先生からその説明がありました。



さて、ここで大切なミッションがあります。
「大森神社から小学校へ、歌声を届けましょう♪」

大森神社から寺領小学校を眺めるとこんな感じです。



霞がかかって、よく見えないほど・・・
でも、児童たちはがんばって歌いました。



その歌声はこの地に響き、川を渡って、向こう岸の寺領小学校に届きました!

そして次のポイントへ・・・
辺りには蒼々とした田んぼが広がります。



こちらのポイントは【木次銅鐸出土地】です。



東日登にありますこの場所からは、明治時代に銅鐸が出土しています。日本で考古学が始まって間もないころのこと、一時は行方不明となったそうですが、現在は京都の国立博物館に所蔵されています。

ここで説明をしてくださった地域の方は、前の校長先生です。大森神社は現在山の上にありますが、かつてはこの辺りにあったと云われており、銅鐸との関係など気になるところです^^



【太林寺】のポイントでは坐禅を体験しました。ご住職は我らが日登の郷の三輪会長です。



姿勢を正し、呼吸をととのえ、静かにすわります。
全国大会を控える、スポ少のソフトボール部の皆さんは「喝」もいれていただきました。

 

そして【久野川】のポイント!



ポイントを巡る順番は班によって違うのですが、最後に久野川に来た班は心おきなく体操服を濡らし、河童になっていました。

 

向こう岸の竹がかぶさったところに、そろりそろりと入ってみたり、地域の方が見つけてくれた亀とも遊びました。

なんとか天気ももって、児童の皆さんはお昼の給食を食べに小学校へ帰りました。

そして、午後からは夕飯づくり。みんなでカレーをつくります☆





できあがり♪ お米は6年生が昨年育てたもの。野菜は地域のものがたっぷりです。



みんなで輪になって食べました。



かたづけもみんなで☆



そして、余興の時間です。各班が趣向をこらした出し物を披露されました。

 

最後にキャンドルナイトです。



ほのかな灯をかこむ時間は、キャンプファイヤーとはまたちがった趣で、美しい空間となりました。

この後に終業式もされ、サンライズ研修と1学期が終わりました。宿泊はできませんでしたが、とても濃密な学び多き一日だったと思います。まとめ役の6年生、協力する下級生・・・この体験から児童のみなさんはそれぞれに成長されたのではないでしょうか?ご協力いただいた地域の皆さま、ありがとうございました!

どぶろく & 田舎料理

かやぶき

メニュー・料金

メニュー


旬の野菜と山菜がたっぷりの郷土料理と創作和食。20種類以上の食べ放題バイキング
※ 25名以上の団体様は追加メニュー応相談

大人   ¥2,000

中・高生  ¥1,500

小学生  ¥1,000

営業日・時間

水曜日・日曜日
11:00~14:00 (最終ご入店時間 13:00)
※25名様以上の団体は 営業日・営業時間ともご相談に応じます

ご予約・お問合せ

TEL:0854-42-0238 (日登交流センター内)
8:30 ~ 17:00 / 日祝除く

MAP