11月9日(日)、第36回となります『日登ふるさとまつり』を開催しました。

日登地区最大の年中行事、夏ごろから実行委員の皆様が会議と準備をかさねてきました。6日の木曜日から交流センターが準備でにぎわっていました。当初、グランドと交流センターで行う計画でしたが、雨天のため、大部分を交流センターで行うこととなりました。

準備も整い9:30からオープニングセレモニーです。
三輪会長の挨拶からはじまり、高橋実行委員長がご挨拶しました。



そしてトップバッターは寺領幼稚園児の発表会!
かわいらしい演技に場がなごみます♪



つづいては、寺領スポーツ少年団保護者会による『紙芝居』です。
幼稚園児たちがよろこんで、かぶりつきで見ています。



3番目の演目は『大正琴』です。
日登交流センターのサークル活動として15年続けていらっしゃいます。
優しい音が響きました^^




4番はピアノ演奏です。
毎週火曜日にピアノレッスンを受けているみなさんの発表です。
教えてくださっている岡田先生と一緒に、はじめての発表に挑戦する人も♪
みなさん、練習の成果を存分に聴かせてくれました。





つづいて5番目は寺領スポーツ少年団、ソフトボール部のみなさんです。

ショートよりちょっと長めな創作コント 「桃三郎の鬼退治」
随所でくすりと笑わされる面白いお話しでした☆



そして、『ようかい体操第一』と『恋するフォーチュンクッキー』のダンス!!



アンコールの『ようかい体操第一』は小さな子どもたちも一緒に、大喜びでした^^



6番目はカラオケタイム。
のど自慢の地元の方々が出演されました♪

 

7番目は盆踊りですが、その前に舞踊をご披露いただきました。
伝統的な村まつりの雰囲気がかもしだされます^^



そして日登の郷伝承会による『木次盆踊り』です。



お昼を過ぎて、ビンゴゲームで一息。



 一位はこちらのお嬢さんがゲット☆

さて、お昼を過ぎ、盛りだくさんのステージも後半戦。
8番目の発表は木次中学校吹奏楽部のブラスバンド演奏です。



 日登地区の生徒が挨拶しました。

3年生が一緒に演奏するのは、この日が最後だそうで、より心を込めた演奏をしてくださいました。



つづいて9番目の演目。今年は神楽を舞っていただきました。
大東町の出雲大社教神代神楽小河内社中さんです。
演目は「国譲り」と「大蛇退治」餅まきに会場が沸き、子どもたちが真剣なまなざしで見ていました。





 

そして最後の演目は『バトントワリング』!
出雲と雲南で活動されているPL島根MBAのみなさんが来てくださいました。
雲南教室は毎週木曜日の夕方に、ここ日登交流センターでレッスンされています。
リズムにのってバトンの動きもかろやかに、キラキラ輝く演技がまつりのラストを飾ってくださいました。



ホールのステージでさまざまな演技が繰り広げられる一方で、出店や文化展もにぎやかに繰り広げられていました。次のブログでは~出店・展示編~をお届けします。


どぶろく & 田舎料理

かやぶき

メニュー・料金

メニュー


旬の野菜と山菜がたっぷりの郷土料理と創作和食。20種類以上の食べ放題バイキング
※ 25名以上の団体様は追加メニュー応相談

大人   ¥2,000

中・高生  ¥1,500

小学生  ¥1,000

営業日・時間

水曜日・日曜日
11:00~14:00 (最終ご入店時間 13:00)
※25名様以上の団体は 営業日・営業時間ともご相談に応じます

ご予約・お問合せ

TEL:0854-42-0238 (日登交流センター内)
8:30 ~ 17:00 / 日祝除く

MAP