10月18日(土)、島根県と関係市が主催して、3回目となる原子力防災訓練に雲南市内を代表して、日登の郷が取り組みました。日登の郷では9月10日に防災計画に基づく「日登の郷自主防災委員会」を設立したのを記念しての避難訓練としました。

当日は7時30分に島根県から島根原発においてトラブルが発生したとの連絡を受け、日登地区に屋内避難指示のページング放送が流れました。次に9時15分、日登地区に広域避難指示が出され、9時45分までに日登交流センターへ集合するようにページング放送が流れました。

事前に各自治会から2名の方に訓練へ参加していただくようお願いをしました。皆さんは長袖、長ズボン、帽子、マスク、手袋で全身を覆い隠した服装で、また、非常時持ち出し用のリュックサックなど貴重品をいれたカバンを持って参加されました。



老若男女50人の皆さんは、バス2台に乗車して、避難先である吉田町に向かいました。実際の災害時は広島県三原市が予定されています。到着したバスは、早速、放射能に汚染されていないかどうかを検査しました。

スクリーニングという検査があり、乗車してきた住民が体のスクリーニングを受ける検査を見学しました。また、避難車両のスクリーニングと除染の実演を見学しましたが、入念な検査なため時間がかかり、実際の災害時に対応できるか問題が残りました。







次に原子力防災学習会では、最初に溝口島根県知事と速水雲南市長からあいさつがあり、共に、実際にこのような原発事故が発生しないよう安全基準の策定等、国に対して万全を期していただくよう求めていて、今回の訓練は万が一の場合を想定しての訓練であると説明されました。



昼食は陸上自衛隊出雲駐屯地の「ぶた汁」の炊き出しをいただき、自衛隊の装備品の見学をして総合訓練を終えました。



参加者は、スクリーニングなど、目に見えない放射線の対応の難しさや、除染について知ることができ、また、避難の際の安全確認など今後の問題も見えてきました。

どぶろく & 田舎料理

かやぶき

メニュー・料金

メニュー


旬の野菜と山菜がたっぷりの郷土料理と創作和食。20種類以上の食べ放題バイキング
※ 25名以上の団体様は追加メニュー応相談

大人   ¥2,000

中・高生  ¥1,500

小学生  ¥1,000

営業日・時間

水曜日・日曜日
11:00~14:00 (最終ご入店時間 13:00)
※25名様以上の団体は 営業日・営業時間ともご相談に応じます

ご予約・お問合せ

TEL:0854-42-0238 (日登交流センター内)
8:30 ~ 17:00 / 日祝除く

MAP