6月28日(土)日登交流センターのホールにて、高齢者寿学級と女性学級の開講式で「体と心のゆったり講座」をひらきました。

まずは開講式。石田副会長が挨拶をしました。



佐藤事務局長の進行で会はすすみ、開講式につづいてゆったり講座がはじまりました。



「体と心のゆったり講座」の講師のおふたり。
向かって右が音楽療法士で三刀屋町中野地区の福祉推進員の金築朋子さん、左が体育コーディネーターで当地区協力員の三瓶裕美さんです。
佐藤事務局長からの紹介が笑いをよんで、場の雰囲気が和みました。



当初、金築さんの音楽療法と三瓶さんの気功ストレッチとそれぞれに依頼しましたが、おふたりが意気投合、コラボレーションしての特別講座となりました。

まずは金築さんから音楽療法についてのお話をうかがいます。
「食」「息」「動」「創・想」「絆」
ホリスティック医学にもとづくセラピーということで、この流れにそった講座が展開されます。



音楽にあわせて、食べるために大事な動き、息をするために大事な動きを意識して、ご自身の体に触れたりしながら、体を感じます。


さらに動きを加え、三瓶さんの体操が加わってきました。この写真は肩をゆるめて胸をひらき、「息」をより深くしているところです。



「動」にはいっていきます。すわったままでのびのびストレッチ



体のすみずみまで。指もストレッチします。動きに合わせて、即興で音が奏でられ、音にのってより体がひらいていきます。



上半身をほぐしたところで、手と頭の体操。音楽はでんでん虫~♪



ゆっくりと立ち上がり、下半身の運動に入っていきます。
アキレス腱のストレッチ、椅子に手をかけてすると、楽に効果的に伸ばせます。



「動」のあとは少し休憩し、後半のはじまりには金築朋子さんの歌を聴かせていただきました。「夏は来ぬ」「アメージンググレース」美しい歌声に一同うっとりでした。
そして「創・想」にはいっていきます。言葉あそびや歌あそび。アフリカの太鼓・ジェンベのリズムも加わってテンポよく行います。



最後の「絆」では「ふるさと」の手話をならい、手話をしながら歌いました。「ふるさと」という言葉の手話は「お母さんのお腹から生まれたところ」をあらわす動きで、なるほどと納得。ラストはきれいに動きがそろいました^^

最後に細木副会長が閉式の挨拶をしました。



音楽療法と体ほぐしのコラボセッション、みなさん、いらしたときよりもいい姿勢と表情で、とてもいい時間を持つことができました!

どぶろく & 田舎料理

かやぶき

メニュー・料金

メニュー


旬の野菜と山菜がたっぷりの郷土料理と創作和食。20種類以上の食べ放題バイキング
※ 25名以上の団体様は追加メニュー応相談

大人   ¥2,000

中・高生  ¥1,500

小学生  ¥1,000

営業日・時間

水曜日・日曜日
11:00~14:00 (最終ご入店時間 13:00)
※25名様以上の団体は 営業日・営業時間ともご相談に応じます

ご予約・お問合せ

TEL:0854-42-0238 (日登交流センター内)
8:30 ~ 17:00 / 日祝除く

MAP